奇術師❀桜新一の手紙

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

人の評価は2種類に分かれる

過激な発言が炎上するタイプとしないタイプがいる。これはなぜなのか。

実はこれは発言者の評価の性質が異なっているからである。

評価には能力に対する評価と性質に対する評価の2種類が存在する。

 

能力に対する評価のとは?

一流の専門的な知識を持っている人が能力に対する評価を受けやすい人である。

例えば堀江貴文さんなんかがその例で、彼はライブドアの設立を筆頭に様々なビジネスを立ち上げてある程度の成功を収めている。

そのため、たとえ炎上しようが逮捕されようが彼が高いビジネススキルを持っていることを疑う人は殆どのいないはずである。

このように、能力に対する評価は失われにくいと言う性質を持っている。

 

一方の性質に対する評価はとは?

性質に対する評価はすぐに移り変わりる性質がある。その人のスキルではなくイメージやブランドに対する評価のことである。

例えばアイドル、俳優などは性質に対する評価が大きい。クリーンなイメージだったのに不倫していたなどのスキャンダルで炎上した場合、どれだけ多くのファンがいてもあっという間に人気が落ちてしまう。

このように性質に対する評価はすぐに移り変わってしまうのである。

 

ちなみにこれを利用して自己ブランディングもできる。

自分のスキルに対する評価が高い人はあえて炎上商法や過激発言をしても、能力に対する評価は失われないため、評価を下げることなく大衆に存在を知らしめることができる。

 

性質に対する評価が高い人は炎上商法や過激発言は控えるべきである。それまで応援してくれたファンが去ってしまう可能がある。

 

評価の飛び火に注意せよ。

評価は別の場所に飛び火することがある。

例えば、一度炎上した企業の新製品、炎上と関係の無い部門まで信用されなくなるのはこう言った理由からである。

 

炎上したり悪い評価をもらったらどうすればいいのか。

1つ目は徹底的に反論することである。

注意点は感情的にではなく理論的に反論すること。

2つ目は悪い評価を受けた部分を切り落とすこと。企業であれば不祥事を起こした部分を切り落とし、クリーンになったことをアピールすることである。

 

地方による色の好み

色が人に与える影響はかなり大きい。

 

マギー史郎やマギー審司は黄色、赤色の衣装を着ているがもしこれが黒や別の色であればかなり違った印象を受けるはずである。

 

f:id:miys_terry:20190806214230j:plain

f:id:miys_terry:20190806214240j:plain

人の見た目は服が多くの面積を占めるので、マジックに於いての衣装選びは結構重要である。衣装の話はまた別の機会にするとして、今回のテーマは地域ごとに好まれる色だ。

 

都道府県によって好まれる色に違いがあるようだ。

北海道から関東までは青や緑といった色が好まれる。

中部から黄色といった明るいカラーが印象的になり、

関西から九州まででオレンジや赤が好まれる。

 

なぜかと言えば東日本は西日本よりも寒い傾向にあるので寒色系の青や緑といった色が好まれる。西日本の方が暖かい場所が多いので暖色系が好まれる。

これは海外でも同じでイギリスとイタリアの男性の服装をイメージしてもらえば、イギリスの方がイタリアよりも寒いのでスーツも濃い色の物をきっちり着こなしているイメージがあるのではないか。一方南国のイタリアではジャケパンのスタイルでも白いパンツを履いたりとより明るい色を身に着けているイメージが浮かぶだろう。

 

また、関東は武家社会であまり派手な色の装飾をしていなかった。

一方関西は商人文化で比較的派手な格好がしやすかったのではないかと思われる。

 

このことからも行く場所によって衣装やアクセサリーなどを変えてみると、いつもとは違った反応が得られる。

 

もちろんこれはあくまでも傾向であり、個人差がある。

最初に示したようにキャラの色が定着している場合には変える必要がない。

どうしても失敗したくないなら無難なモノトーンを選ぶのもありかもしれない。

アクセサリーや道具だけで差をつけながら。。

 

アイディアを生み出すコツ~多層睡眠について~

最近多層睡眠という用語を知り少しずつ試している。

現代人は6~8時間の睡眠をまとめてとっている。これを単層睡眠という。

ほとんどの人が単層睡眠であろう。

 

では多層睡眠とは何か?

多層睡眠とは言葉の通り、睡眠を細切れに取ることである。

 

実は人は生まれたときは多層睡眠なのである。

考えてみてほしい。赤ちゃんの時は昼夜問わず好きな時に寝ている。

それが大人になるにつれて睡眠時間が固定されていく。

 

これは産業革命やなど効率的に働くようになったためだと言われている。

確かに狩猟や農耕に時代はかなり自由に睡眠がとれたのではないか。

夏なら暑い時間を避け、冬なら温かい日中のみ活動時間を絞るなど出来たわけだ。

 

しかし、現代にこの生活習慣を送れる人は僅かではないだろうか。

空調も充実しているため季節も関係なく、照明もあるため時間も関係ない。

 

ではどうすればいいのか。

睡眠を細切れにしてコントロールすればいい。

 

例えば固定の時間で働いている人は仕事が終わり帰宅してから、

数時間睡眠をとり、起きて作業してまた寝て、起きて作業をする。

これを自分が最大限のパフォーマンスを発揮できるように調整すればよいのだ。

 

だがここで疑問に思う読者もいると思う。

なぜ多層睡眠なのか。別に細切れに寝なくてもいいのではないか。

 

実は睡眠には脳の不要な情報を処理する効果がある。

瞑想も脳のリフレッシュになるが、睡眠の方が効果が高いように感じた。

そのため、だらだらと無駄な作業を続けるよりは寝て起きて短時間で作業した方が人によっては効率がいい。

人によるというのは単純な作業の仕事をする人は特に睡眠を細切れにする必要はないと思う。アイディアを多く出さなければいけない、新しいことを効率よく覚えたいという人に多層睡眠は向くと思う。

 

デメリットとしては寝起きに少しだるいことと、日によってはすぐに短い睡眠に入れないときがあるぐらいだ。

寝起きにだるいときは軽く水分補給してから運動するとかなりすっきりする。

 

睡眠はかなり仕事などのパフォーマンスに影響する。

睡眠を改善することでより良い生活が送れるかもしれない。