読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある奇術師の日記

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

マジックを演じる時間について

最近も様々なマジシャンの演技を見る機会があったので、思ったことについて書いておくことにする。

今回のテーマはマジックを演じる時間についてである。

一般的にショービジネスはインパクトが大切で3Sが重要だと言われている。

ちなみにこの3Sはsimple(分かり易く、簡潔),short(短い),strong(力強い)である。ではそれぞれについて説明していこう。

 

まず、Simpleであるどんなに素晴らしいマジックを演じたところで一部の観客しか理解できなければ意味がない。多くの観客にウケるためにはわかりやすいものほどよい。

次にshortである。演技は短いほうがインパクトが強い。人は一瞬の出来事のほうがよく覚えている。

最後がstrongで、これがインパクトが強い演技である。どんなに分かり易く短くまとまった演技でも、これと言って印象に残らなければ意味がない。

この3つがしっかりと揃っていれば、口コミで人に伝わりやすいので宣伝にもなる。

このマジックなんかはその典型だと思う。

www.youtube.com

 

もちろんときには長編の作品も楽しいものであるが、長い時間観客をひきつけておくのは難しい。ストーリーがなく淡々と演じられるものは退屈である。逆にストーリーや連続性があれば次が楽しみになるので見たくなるものだ。

 

演技の構成についてはまた次回考えて書いてみようと思う。