読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある奇術師の日記

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

小説

マジシャンが登場する小説はいっぱいあって僕ももちろん全ては読みきれていない。そんな中、学生時代の暇な時期、一時期読書にハマっていた時期に読ん女子高生マジシャンが謎を解く小説がある。

もちろん主人公は冴えない男子高校生である。普段から小説、特に推理小説を読む人には物足りないかもしれない。作中では時折有名なマジックをするシーンやマジシャンのエピソードなどが語られており、マジシャンは楽しめる。マジシャンがニヤニヤするシーンが少なからずある。もし、まだ読んでいない方がいればオススメ!

 

ロートケプシェン、こっちにおいで (創元推理文庫)

ロートケプシェン、こっちにおいで (創元推理文庫)

 

 

 

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)