とある奇術師の日記

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

てれびこまーしゃる

最近、いろいろなCMを見ている。何故かと言うと短い時間ですごく印象に残るからだ。本当に作っている人たちはすごいと思う。すごい懐かしいものから、全く知らない作品まで、印象的なものが数多くある。個人的にはポカリスエットのCMがスカッとした夏を連想させるものが多いので好きだ。三ツ矢サイダーのCMもいいと思う。

曲も本当に懐かしい!!


ポカリスエット CMソング集 “歴代の名曲~2015上期 メドレー”【懐かしい】

音楽

今や音楽はジャンル分けが難しいと思うほどいろいろなジャンルがある。

マジックもさまざまジャンルがあるが、まだまだ音楽に比べると区分けがはっきりしているように感じる。他者とは違った世界観を表現したいとは思いつつも迷走中である。

動画の曲はカミナリグモというバンドのブラインドフォトグラファーという曲で、柔らかくあたたかいこの曲の雰囲気が好きだ。

この前からマジックについては書いていないけれど、別のジャンルでいいなと思うものは書いていこうと思う。

www.youtube.com

XとY

マジシャンをしているとどんなネタをしたらいいのか迷うことがある。そんなときは大体古典のネタを演じることが多い。しかし、古典のマジックばかりを演じていると、どおしても演技が古臭くなってしまうのではないかと思うことがある。どうすればいい演技ができるか、観客を楽しませることができるか。最近下の動画を見て思ったことがるので、まとめて書いておくことにする。下の動画は島田紳助が吉本の養成所で講義をした時の動画である。Xが自分にできる笑いを探す。Yが時代の流れを読む。マジックでも自分にできるネタや演技を探してキャラクターを作り上げる。そして時代の流れを読む、どんなに腕を磨きキャラクターを作り上げてもメンタルマジックがはやる時代に別のことをやっていたのでははやらない。どの世代に受けるかということも考えなければならい。そんなことを考えながら今日もいいネタを探している。

www.youtube.com