奇術師❀桜新一の手紙

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

ピークパフォーマンスについて

人前でマジックを演じていると自然といい演技ができるときとできない時がある。

スポーツの世界では最高の演技をピークパフォーマンスと言うそうだ。

マジックに限らずどんな仕事でも常に最高の状態、それに近い状態を維持できれば最強だと思う。

 

現実はそう上手くは行かない。マジックに関しては調子が良くなくても、

若いうちは勢いとノリで押し切れるが、それがいい演技の本質ではない。

どうしたらいい演技ができるのかと考えてみた。

 

日頃からの準備をせずともウォーミングアップだけでも多少変わる場合もあるが必ずしもそうではない。プロマジシャンは毎日演じているだろうからあまり演技のムラは無いと思うけれど観客によってや、嫌なことや悲しいことがあった日は若干演技にも影響が出る。それとは逆に演じることによってその中で良いパフォーマンスを取り戻すこともある。

トップアスリートは最高の状態を出した日の行動を記録してそれと同じ行動を繰り返すというものがある。理にかなっているけれどメンタル面まで同一にすることは難しいと思う。

 

考えた結果、最善の策は当たり前だけどメンタル面も含めて日頃からの準備と当日のウォーミングアップなのではないだろうかと思う。

これを本当に考えて実践している人は少ないと思う。

 

ただこれも出演する舞台が同じであればいいけれど、普段とは違う舞台で演じることが多い場合はイメージトレーニングでの準備や規模も考慮しての道具の準備がいる。

 

日頃の練習や準備も普段の自分の枠を少し、いや大きく?超えた範囲でしておくといいのかもしれない。イメージトレーニングもより鮮明に大きな舞台でのイメージを描いておくといざという時に役立つのかもしれない。

 

(何か発見があれば書くことにする。)

 

 

コンテンツを作ることについて

最近本を読んでいて

 

人的レバレッジ → 会社

時間レバレッジ → 株式など

複製レバレッジ → 著作物、商品

 

上記のレバレッジの効果が書かれていた。

ここでマジシャンが使えるレバレッジは基本的に複製のレバレッジである。

会社を作って人を雇いマジシャンを派遣する、飲食業をするといったこともできるが、

基本的には自分が考えたネタを商品にして売り込むほうがよりマジシャンらしいと言える。だから、マジシャンはDVDを出したりマジックグッズを出して商売をしているのである。

そして、一昔前はこれはある程度お金がないとできなかった。DVDを作っても売れなければ赤字になる。本や商品を作っても同様である。TVなどに出て有名になってから著作物を作るのが普通だったように思う。

しかし、今はネットでの配信がいくらでもできる。みんなから有益だと思ってもらえるコンテンツを作ればそれで生きていくこと可能だ。

 

私自身も模索中なのだが、

今年は有益なコンテンツを作るための方法はないのかを分析して探っていこうと思う。

 

モバイルマジック①

 

スマホiphoneを使用したマジックが急速に普及している。

 

これが最近気になっているマジックである。

 

www.kingofmagic.net

 

上記外にもダウンロード形式やさまざまのものがあります。

 

皆さんもいろいろと探してみてはどうでしょうか。