奇術師❀桜新一の手紙

このブログではマジックに関すること、興味あることをマジシャンの視点から書いていきます。

オンラインカジノの賭け方

”いかさまのテクニックとマジックのテクニックは兄弟みたいなものである。”

 

どうも桜新一です。

似たような言葉を故ダイバーノンが言っていたと本に書いてあった記憶がある。

 

最近スマホ全盛期でギャンブル、カジノなどもオンライン上に沢山ある。

マジシャンがおこなうようなイカサマはできないわけである。

 

昨年1か月youtube上にある方法を使いルーレット回してみた。

もちろん結果は惨敗であった。

www.youtube.com

 

一時期は勝っていたのだが続けることにより資金がほぼ底をついた。

ルーレットでは単純に赤か黒に賭けても0または00がある限り確率は1/2ではない。

当たり前ではあるのだが期間を限定して立ち回ればプラスに持っていける可能性があると思っていたが、やはり人生そううまくはいかないものだ。

 

身をもって色々な賭け方があることの勉強にはなった

また時間があれば勉強して他のギャンブルにも挑戦したいものだ。

 

ただギャンブルはたまに運試しにやるから楽しいのかもしれない。

これを生業にしている人は運以外の要素をかなり高い精度で制御できなければいけないと改めて痛感した。

ルーレットが好きではないなら副業としてもおすすめはできない。

 

www.youtube.com

 

動きすぎの問題点

最近、若手のマジシャンの演技を見ていて思ったことがあった。

細かい動きが多すぎるということである。

 

自分の演技を動画に取ったり誰かに指摘してもらわないと気付きにくいことであるが、テンポよく動くorゆっくり動き、止めるところは止めるとかなり綺麗に見える。

 

プレゼンテーションなんかでもそうだがあまり細かい動きを連発しない方がいい。

焦っているように見えるからだ。

 

緊張したり、慣れすぎている局面ほどゆっくりとした動きで身振り手振りを大きくした方がよく見えるだろう。

ドラえもんの道具【お笑いの分析】

漫才の動画を見ていたので内容を書き出してみた。

結構大変だった。。。

 

楽しいのだろうけど、

ネタを考えて合わせるお笑い芸人も大変だなと思う。

 

以下書き起こし。

 

「どうもお願いします。」

「いきなりだけれど、いい年したおっさんがこんなこと言うのもあれやねんけど、ドラえもんの道具ってええなと思うねんな。」

「ほーなかなかキツめな会話やな。」

「自分でもきついこと言っているのはわかっているよ。」

「お前が思っている以上にきついで!」

「ドライブスルーに一輪車で来るおっさんぐらいきついで!」

「やばいやつやん。見たことないでそんなやつ。」

「そんなこと言うけど、みてたらやっぱドラえもんの道具ほしいなとおもうやんか。」

「ちなみに、何がほしいねんな。」

「やっぱ四次元ポケットかな。」

「どらえもんのここについてる収納能力えげつないポケットな。」

「あれがあったらええやんか。仕事柄荷物も多いし、泊まりも多いわけやんか。手ぶらでも行けるし、便利でええやん。」

「おーけー、お前の言い分はよくわかった。ところでさーその四次元ポケットどこにつける予定なん?」

「はぁ?」

「どこにつけんのかなーと思って?」

「そんなのどこでもええやん。」

「子供が言ってたらどこでもエエねんけど。ええおっさんが言っているから。」

「なんやこいつ。」

「どこに着けんのかな思ってね。」

「そんなもん四次元ポケットやから腹って決まっているやないか。」

「ここに着けんの?」

「じゃあタンクトップでもここ?

「そうや」

「スーツでもここ?」

「そうや」

 「皮のロングコートでもここ?」

「そうや」

「歴史を変えるダサさやな」

「どんなダサさやお前、なんやそれ」

「へんやぞー」

「何がやねん」

 「エクボにずっとコーヒー豆挟まっているぐらい変やぞ」

「見たことないわ、そんなやつ」

 「へんやぞー」

「わかった、ほな腹に直接張ってその上から服着るわ」

「ポケットの存在意義は?」

「何がやねん」

「ポケットというのは外についてるから中身が取り出しやすくて便利やねん、逆に中につけんの?」

「お前がギャーギャー言うからやろ」

「あーそう、じゃあお支払のときもこうやって手を突っ込んで払うの?」

「そうや」

「コンビニでもこうやって払うの?」

「そうや」

「好きな人とデートするときもこうやって払うの?」

「そうや」

「ふられんで」

「決めつけんなや」

「わからへんやろ」

「それでなくても振られそうな顔してんねんから」

「どんなかおや」

「わかった、ほな財布見たく後ろのポケットに入れておいたらええやろ」

「後ろのポケットに?ほな携帯なったら(前のポケットから)こうやって出るんか?」

「もう一個の後ろのポケットやわ」

「じゃあスイカは?お前電車乗るときこうか。(体を乗り出して)ピィ」

「前のポケットに入れとくがな。」

「音楽聞くときはイヤホンこっから取り出してこんなふうに聞くんか?」

「もう一個の前や」

「四次元ポケット使えがなーー」

「なんで怒んねん」

「いいやないか別に」

「そこまで言うんやったら四次元ポケットもうええわ。」

「いらんのか?」

タケコプターにするわ」

タケコプターあれここにつけてバーと飛んで行くやつな。」

「あれがあったらな自分のマンションところに帰ってエレベータ止まっているなってなってもタケコプターつけてベランダ側から自分の家上がって帰れるやん」

「おまえさ、親に大金払って貰ってまで大学通ったのにタケコプターのここの粘着力信用できんのや」

「嫌な言い方すんなやおまえ、なんやねんその言い方」

「あれは一点で全体重を支えてくれる夢のある道具なんや」

「お前体重何キロ?」

「65Kgやがな」

「その65Kgを一点で支えて浮かび上がらせられんねんで、頭皮めくれ上がるで」

「なんの心配や」

「ぴーなって」

「誰がそんなリアルなこと考えんねん」

「ほな帽子かぶるやん。」

「ほなおまえアホなんか。帽子かぶってタケコプターつけたら帽子だけ飛んで行くやろ。」

「帽子バイバイや」

「ヘルメット被って首んとこでカチャってやるわ。」

「死ぬで。」

「なにがやねん」

「ううううう」

「わからへんやろ」

「死ぬよよゆうで」

「じゃあヘルメット紐のところをビューって伸ばしてな」

「そんなに伸びるあれ」

「伸ばして下のところでカチャってやってブランコみたいにして乗るは。」

「こうやって上がっていくのおまえ家の中の人パニックやぞ」

「何がやねん」

「なんやなんやなんや、入ってくんなや、覗き魔か」

「誰が覗き魔や」

「覗き魔って思われないように目隠しするやん」

「自分の家別れへんやんけ」

「何がしたいねん」

「そこは感でいくやん」

「まあまあの確率で不法侵入やないか。」

「なんやおまえ」

「やばいぞ」

「じゃあタケコプターもうええわ。」

「あきらめるは、スモールライトや。」

「スモールライトな、ライト当てたらちっちゃくなれるな」

「あれがあったら人も小さくできるから」

「たとえばな俺がホテルでな一流女優といるとこ写真取られそうになっても

入ってこうへん、入ってこうへんわ。」

「何が入ってこうへんわやねん」

「スモールライトよりもリアリティーのない話ぶち込んでくるな」

「何がリアリティーないねん。」

「そこは女優と付き合わせろや。」

「百歩譲ってもあき竹城や」

「譲り過ぎや」

「どない譲られなあかんねん」

「むりやって」

「そこは石原さとみでたのむわ」

「限界がよしずみや。」

「おっさんやないかい」

「なんでおっさんと付き合わなあかんねん。」

「リアリティーがないねん」

「ほなお前どうすんねん。」

「おれやったらスモールライトを井上に当てる。びゃーて井上に当ててどんどんちいさくして、これぐらいまでして、ふぁー言うて、おーい(踏み潰す)」

「もうええわ」

www.youtube.com

ドラえもんの道具をモチーフにしたマジックもそのうち演じてみたいと思う。

 

 

ドラえもん ひみつ道具マジックトランプ

ドラえもん ひみつ道具マジックトランプ